近々シリーズ10作目(アプリ版とアーケード版含まず)が発表され、映画も2本出ている人気ホラーアドベンチャーゲームの第2作目が個人的に一番シナリオが切なかったのでご紹介させて頂きます。

前作との繋がりはほぼないこの作品は、「全ての愛と罪が集まる街」というキャッチコピーで、その言葉の通り様々な愛と罪が交差し、悲しい結末がプレイヤーを待ち受けています。

死者からの手紙に誘われ、霧に包まれた思い出の街へ

3年前に病気で死亡した愛する妻からの手紙を受け取った主人公が、怪しいと思いつつも手紙に記された「思い出の街」に向かうところから、この物語は始まります。

手紙には「思い出のあの場所であなたを待っている」と書かれていて、主人公はまだ元気だった頃の妻と楽しく過ごしたサイレントヒルの湖の畔に建つホテルに向かって、人気のない霧に包まれた街を歩いている途中、亡き妻にそっくりな女性と知り合います。

見た目や声は妻と瓜二つなのですが、服装や喋り方が正反対の女性はどう考えても妻とは別人なのですが、何故か主人公と妻しか知りえない事を知っていて、主人公とプレイヤーを翻弄します。

シリーズ同様、マップは表世界(霧に包まれていて薄暗い)と裏世界(錆と膿でぐちゃぐちゃドロドロ)を行ったり来たりしてかなり遠回りしながら思い出のホテルへと気味の悪い敵を倒しながら目指します。

様子のおかしい登場人物

妻にそっくりな女性の他に、やたらと生意気で主人公に突っかかってくる少女、オドオドとしていて何かを隠しているっぽい女性、死体を見たショックでトイレで吐いていたクセにピザを貪る太った男が数少ない人間として出てきます。

気の弱そうな女性はどうやら母親を探しにこの街に来たらしいのですが、久々に登場したと思ったらかなり情緒不安定になっていて、包丁片手に自殺を思わせる言動をし、その後包丁を預けどこかに行ってしまいます。

中盤過ぎ辺りになるととある新聞を入手し、女性が敵に襲われている場面に遭遇するのですが、その新聞の内容と女性を襲っている敵の見た目、その部屋の装飾で、彼女に何があったのか、彼女が何をしたのかが分かります。

太った男は何かから逃げてきたらしいのですが、少女との会話から警察に追われるほどの悪い事はしていないとのことで、けれどやたらと怯えています。

この男のエピソードも中盤過ぎ辺りで、この男が勝手にベラベラと喋ってくれるので分かりますが、正直この男の話が一番くだらなかったです(もちろん許せる行為ではありませんが、小さな男ですね)

そして少女は化け物だらけの街を平然と歩いていて、主人公に「危険だ」と言われても「どこが危険なの?平気よ」みたいな事を言って街中をウロウロしていますが、会うたびに悪戯や冷たい態度を取られ、どうも主人公を嫌っているようです。

結論的に言いますと、この街にいる数少ない人間は、どうやらまともな人(少女除く)はいないようですね。

愛ゆえにおかした罪

さて、各登場人物のエピソードも重く切ないものなのですが、やはり一番はメインである主人公のお話でしょう。

主人公は本当に奥さんを愛していたのでしょうね。愛していたからこそ罪を犯してしまい、この街に呼び寄せられたのだと思います。

あまり深く書くとネタバレになってしまうのですが、病気と薬で醜く歪んでいってしまう妻、そんな自分自身が嫌いで主人公にキツく当たってしまう彼女を見ていた主人公の苦しみは相当なものだったのでしょう。

とある実況者さんが、「この話は子供には分からないかもしれない」と言っていましたが、どうでしょうか?愛するがゆえに、愛しているからこそ犯してしまった罪に苦しみ続ける彼の姿は、あなたの目にはどう写りますか?

最期の詩

このゲームは発売後に完全版として「サイレントヒル2最期の詩」というタイトルで出し直しされていまして、そちらだと妻にそっくりな女性視点の追加シナリオがプレイでき、エンディングも1つ追加されています(シリーズ恒例のUFOエンドです)

また、3とセットになって画像を綺麗にした「サイレントヒルHDエディション」も出ていますので、今からやる方はそちらを購入される事をオススメします(ただし、3は1の続編になっていますので、1を知らないとあまり楽しめないと思います)

話を戻しまして、最期の詩に追加されたシナリオをゲームクリア後にプレイすると、彼女の想いや覚悟がよく分かると思います、彼女は彼女でつらかったのですよ。

タイトルの最期の詩という意味は、エンディング(UFОエンドと犬エンド以外どれでも大丈夫です)を見れば納得出来るでしょう、主人公に託した、最期の詩なのです。

エンディングは6種類

最後に、このシリーズはマルチエンディングとなっていまして、恒例のネタエンド以外に4つありまして、一応「In Water」が公式エンドとされていて、微妙に続編にあたる4でも、その内容が示されています。

他の3つのエンディングもなかなか切ない作りになっているのですが、このエンディングが一番悲しくやりきれなくしっくりくるので、とりあえずこのエンディングを出す事をオススメします。

ネタエンドのUFОと犬は笑えますよ。今までの展開を総無視して終わるので、笑いたい時にはどうぞ、公式が全力でふざけにきていますので、笑ってあげて下さい(笑)

では、愛するがゆえに犯した罪と、それに苦しみ続ける男性の想いを、じっくりと味わって感じてみて下さい、あなたにはこの世界がどう写りますか?あなたはこの世界に呼び寄せられないといいですね。